メタルフリー(金属を使わない)治療


日本人の多くの方のお口の中には、いわゆる銀歯と言われる詰め物やかぶせがたくさん入っています。

歯科治療といえば銀歯と思われているかもしれません。

それも仕方のないこと、保険制度で決めれれている材料なのですから。

その多くは金銀パラジウム合金と言われるものです。

 

しかし、実はこの金属、世界で見てもほとんど使用されていない物です。

日本だけなんです、これだけこの金属で口の中が満たされているのは…

 

この金銀パラジウム合金の成分は、

金12%・パラジウム20%・銀50%・銅16%・その他2%を含んでいます。

金属的には優れた機械的性質を持ってはいますが、

この中の聞きなれないかもしれないパラジウムが今問題視されてきているのです。

 

パラジウムは他の金属の欠点を補うために含まれていますが、

諸外国ではほとんど使われていません。

理由として、金属アレルギーの懸念があるからです。

特にドイツでは使用してはいけないとまで言われています。

 

日本は保険制度がありそれにより平等に医療が受けられるようになっています。

その中で国にも財政の問題があり、

本当は金合金の方が良いのだけれども、

昔は安価だったパラジウムを含ませ、

当時から貴重だった金の含有量を減らしたというわけです。

 

日本ではみんな同じように治療が受けられますが、実はご存知ないことかもしれません。

何も知らず、虫歯は銀歯でしか治せないと思われている方も多いと思います。

当医院では、それに代わる治療も行なっています。

少しでも気になる方はお気軽にお声掛けください。